名刺の4号と9号は同じサイズ

現在、日本で利用されている一般的な名刺のプリント用紙(台紙)のサイズ(寸法、規格)は、4号(91mm×55mm)になっています。
通常、このサイズを4号というのですが、なぜか大阪では9号と呼んでいる場合もあり、この4号・9号を一般的に名刺サイズと読んでいます。
かなり変わったデザインや、長方形ではない名刺を利用している場合以外は、全てのこの大きさの名刺を利用しているといっても間違いはないでしょう。
それほどこの名刺の大きさが主流であり、一般的だとといえます。

名刺のサイズ写真

なぜこのサイズが主流になったのか?というと、このサイズというのは、フランスのデイステリという写真家が1854年に特許を取った写真付名刺のサイズに非常に近く、これがルーツになったのではないかと言われています。
これはYシャツの「胸ポケット」に折らずに入れられる大きさ。ということで決められたそうですよ。
また名刺のサイズ(91mm×55mm)の縦横の比率は1.654で、ほぼ黄金比率となっています。
※ちなみに黄金比率とは、縦横の比率が約1.618で、古代ギリシア、ローマ時代から使われてきた人間が美しさを感じるバランス比率のことをいいます。
黄金比率というのは、はるか昔から建築関係でも採用されており、有名な建築物で言えば、ピラミッドなどでも採用されています。

実は、日本で一般的な名刺サイズが欧米では少し違っていて、欧米の名刺サイズは89mmx51mm(3.5x2インチ)となっており、縦横の比率は1.75。
黄金比率から少し外れたサイズが採用されています。
なぜ、欧米が黄金比率の名刺サイズを採用していないのかは、わかりませんが、日本でも、大阪では9号と呼んでいたり、他の地域でも大阪9号と呼んだりする場合もあるようです。
いまどき、日本だけで考えても、ビジネスシーンになくてはならないもので、全国で広く使用されているのに、呼び方が異なっていると言うのもなかなか珍しいことだと思います。
この先もずっと、東京中心に4号、関西(大阪)中心に、9号と呼ばれ続けていくのでしょうか?笑。

名刺サイズ

昔から、4号や9号と呼び続けてきた流れや歴史があるので、直ぐにどちらかに統一する。
というのは難しいかもしれないですが、今ではネットで全国どこでも発注出来る時代ですから、そろそろ統一規格にすればどうか?とも思いますね。
呼び方は違いますが、一般の方は、4号でも9号でも同じ大きさになりますから、あまり気にする必要はないでしょう。
名刺サイズと呼んでいればいいと思います。
でも、この呼び方を、そろそろ統一したらいいと思う一方で、案外こんなことが日本の文化なのかな?とも思ってしまいます。