中国からはじまった名刺の起源

名刺の起源

名刺と呼ばれるものは、いったいいつの頃から存在していたのでしょうか?
名刺の起源は中国だと言われています。唐の時代・7~10世紀の書物にすでに登場しています。
当時の使い方としては、訪問先が不在のときに木や竹の札に自分の名前を書き、戸口に刺して訪問したことを知らせていました。
その木や竹の札を「刺」と呼んでいたとから「名刺」という呼称となったといわれています。

中国以外の名刺の歴史はどうなのでしょうか?
ヨーロッパで最初に名刺が使われたのは16世紀のドイツだと言われています。
ドイツでも最初は中国と同じような使い方をされてました。
18世紀のヨーロッパの社交界では名刺は欠かせないものになります。
この頃の名刺は華やかなモノが多く、特に銅版画を入れたのもが多く使われていました。
19世紀の中頃に登場した写真入り名刺、フランスの写真家ディスデリによって考え出されたもので、写真を入れることを考え57mm×82mmサイズにしたそうです。
これが、現在のヨーロッパの名刺と日本の名刺がだいたい同じような大きさになっている理由のようです。

名刺を持たないアメリカ人は多いですが、アメリカにも名刺の歴史はあります。
始まりはお金持ちの人たちが社交のために使い始めました。
当時のアメリカ人にとって名刺は、一種のお金持ちのステイタスでした。
社交のために使われていた名刺がアメリカでもビジネスに使われるようになったのは20世紀半ば頃からだといわれています。
日本の名刺はアメリカの名刺に比べると、社名よりも個人の名前の方が大きく記載され、名前の先に肩書きが入るという違いがあります。

名刺歴史

最後に日本です。日本で名刺が使われるようになったのは19世紀、江戸時代からです。
和紙に墨で名前だけを手書きした簡単なもので、日本でもまた中国やヨーロッパと同じで、訪問先が不在のときに、訪問したことを知らせるために使われていたのが名刺の歴史の始まりです。
現在の名刺の形に近い、印刷された名刺を使うようになったのは幕末、開国の頃からだといわれています。
自分の名前の上に紋所が入っていて、役人たちが外国人と接する時に身分を示すために使うようになりました。
明治時代~鹿鳴館時代には日本の社交界でも欠かせないもの、必需品となりました。

こうやって見てみると、名刺の歴史は意外と古くからあるもので、始まりはよく似た始まりのものがここまで変化し、今ではビジネスシーンで当たり前のものになっているというのは、不思議なものですね。