オンデマンド印刷とオフセット印刷

名刺の印刷

名刺印刷には、この5パターンがあります。

  1. 片面モノクロ
  2. 両面モノクロ
  3. 片面カラー
  4. カラー/モノクロ
  5. 両面カラー

印刷方法は、大きく分けると二通りの印刷方法に分かれます。オフセット印刷とオンデマンド印刷です。

オフセット印刷とは、数多くある印刷の種類の中で、最も一般的な印刷方法だと言えるでしょう。
版に付けられたインキを、一度ゴムブランケットなどの中間転写体に転写(offset)した後、紙などの被印刷体に印刷するため、オフセット印刷と呼ばれています。

オフセット印刷のメリット

オフセット印刷は、仕上がりのクオリティがよく印刷数が多くなればコストが安いことがメリットです。
オフセット印刷のクオリティの高さはコアなファンがいるほどで、クオリティを求めるために少量でもオフセット印刷を利用する方は多くおられます。

オフセット印刷のデメリット

必ず版を作成しなくてはならないため、小数印刷では割高になってしまう。印刷代が高くなる。
印刷屋によって版の保存期間が設けられているためコンスタントに発注しないと版がなくなってしまう場合がある。

次にオンデマンド印刷ですが、 オンデマンド印刷とは、「要求があり次第(オンデマンド)」に迅速に印刷する方法をいいます。
今までの印刷方法では版の作成が必要だったので、どうしても作成〜印刷〜お届けと時間が掛かっていました。
しかし、オンデマンド印刷には版が必要ありません。
ですから、部数の少ないフルカラー印刷でも単価を安く抑えることができます。

オンデマンド印刷のメリット

名刺プリント

オンデマンド印刷は、オフセット印刷などにある製版という工程が必要ないため入稿後、印刷するまでの時間が短くなるため急ぎの発注などに対応が可能です。
オフセット印刷と違い版が必要ないので、データさえ手元にあればいつでも印刷が出来、お店を変更することも簡単に出来る。
作業工程が少ないので、少量なら印刷費用が安く抑えることが出来る。
必要な分だけを印刷できる為、在庫を多く抱える必要はなく、必要な時に必要なだけ印刷することが出来る。

オフセット印刷のデメリット

オフセット印刷に比べると品質が落ちてしまう。
面積が大きいベタ塗りや薄い色の印刷、グラデーション印刷には向いていない。印刷のムラが発生する事がある。
オフセット印刷よりも用紙の暑さが薄くなってしまい、ペラペラ感が出てしまう場合がある。(安物感が出てしまう)