IllsutratorやPhotoshopで作る名刺

名刺の印刷をお願いする場合、用意されたテンプレートの中で、自分のイメージに合うものを使用して名刺を作成するパターンと、自分の要望やイメージを伝え全てをデザイナーさんにお任せする場合と一から自分自身で考えてオリジナル名刺を作り上げるパターンの3パターンがあると思います。
その3つ目のパターン、自分自身でオリジナル名刺を作る。コレを実践してみませんか?
敷居が非常に高いイメージがありますが、実は慣れれば意外と簡単で、PCを使い慣れている方や、IllustratorやPhotoshopといったソフトを使える方なら、他とは違ったオリジナリティ溢れる名刺を作ることができます。

オリジナルの名刺

まずは、どういった名刺を作りたいのか、イメージをしっかりと明確なものにしましょう。
縦型なのか、横型なのか、カラーなのか、モノクロなのか、片面印刷なのか、両面印刷なのか、作りたい名刺の出来上り図を明確なものにすることで、作業内容が変わってきます。

それが出来上がれば、次は出来上がったイメージになるように、ロゴであるとか、名前であるとか住所や連絡先などといった必要なものを用紙の中に配置していきましょう。
コレには、名刺サイズの枠を表示してくれる「トンボ」というものが必要となります。
ネットで「名刺印刷 トンボ」などと調べれば、無料でこのトンボはダウンロード出来ますし、名刺サイズ用紙を買ってきて、自宅のプリンターで印刷する場合などは、用紙を販売している会社のサイトなどでもダウンロード出来ます。それらを利用するといいでしょう。
このトンボ上に自分の思い描くデザインを作り上げることが出来れば、あとはそれを用紙に印刷するだけです。

名刺オリジナル

しかし、印刷を印刷屋さんでお願いする場合は、不備のないデザインを入稿する必要があり、例えば、写真や画像を使う場合は、「埋め込み」ができているか、用紙のギリギリまでデザインがある場合は「裁ち落とし処理」のためにデザインを配置できているか、カラー印刷の場合は、RGB入稿なのかCMYK入稿なのかとか、文字は全てアウトライン化されているのか?といったことの確認が必要となります。
少し難しく専門的なことを並べましたが、これらは全て、サイトなどで詳しくわかりやすく説明されているので、ゆっくりと勉強してみて下さい。

これらのことがクリア出来れば、どこかで見たことあるようなデザインの名刺や、オリジナリティのない名刺を持つ必要はなく、自分自身が持ちたい名刺を持つことが出来ます。
世界に一つだけのデザイン名刺、作ってみませんか?