写真を撮るだけで名刺を管理できます

頂いた名刺を管理するのは量が増えてくると、すごく面倒になって来ますし、一度や二度しか会ったことのない人の情報というのは、なかなか覚えていないものですよね?

名刺管理アプリ

しかし、そんな面倒になりがちな名刺管理が楽になって来ているそうです。
実は最近は、紙の名刺やデータで作成された名刺といった、ありとあらゆる名刺情報を整理・管理するのに役立つ名刺管理アプリというものがあります。
これは、名刺に記載されている情報、(氏名・連絡先・役職など)を、スキャナのように読み取りテキストファイルとして認識し、管理ができるアプリや、専用アプリを持つユーザー同士で簡単にデジタル名刺データを交換することができるアプリなど今まででは想像出来なかった簡単な名刺管理アプリがあります。

その中の2つを今回は紹介したいと思います。
まず、名刺認識アプリ「CamCard Lite - 名刺認識管理 (日本語 + 中国語 + 韓国語 + 英語)」は、スマホのカメラで名刺を撮影するだけでOK。
たったそれだけで文字を自動で読み取り、スマホの連絡帳と同期してくれます。
読み取りの精度は非常に高く、自分の電話帳に登録までしてくれるので、プラスして、電話帳のメモ機能に相手の特徴など記入しておけば、あまり面識のない相手でも忘れてしまうことはないでしょう。
万が一誤認識が起きてしまった場合も、手打ちで修正可能になっています。
名刺の画像データも保存してライブラリーで管理できます。
名刺フォルダを作っておけば、スマホ内で名刺管理・整理が簡単に行えます。名刺から直接メールや電話ができると考えれば、新規登録で、いちから文字や数字を手打ち入力する手間が省けるので、その分、ほかの仕事に時間を割くことができますね。

名刺管理スマホ

次に、Eight - 無料の名刺管理アプリ・名刺認識リーダーは、名刺を撮影し、それをデータ化し管理出来る同じ名刺管理アプリなのですが、少しほかのアプリとは違うカタチの名刺管理アプリです。
その違いというのは、まずオペレーターによるデータ化サービスという点。
自分で撮影して取り込むのではなく、撮影した写真データをオペレータに送り、それをオペレーター側が、データ化し返送してくれるというサービスになります。自分でデータ化する場合、認証出来なかった場合には、自分で手打ち編集する必要がありますが、このアプリを利用すると、その心配はいりません。
ユーザーは撮影して送信するという作業だけでOK。

もう1つの特徴は、名刺をweb上で交換出来るサービス。
Facebook、mixi、Gmailといったアカウントを持っていれば、より簡単に名刺交換が可能になります。
名刺管理に困っているあなた!!
この機会に便利なアプリ導入を検討されてはいかがでしょうか?