名刺デザインで会社のイメージを相手に伝える

デザイン名刺

ビジネスマンにとってなくてはならないモノと言えば、名刺ですよね。
名刺一つで、相手の印象が変わってしまう場合もある相手に第一印象で好印象を持ってもらうために大切なアイテムです。
一口で名刺といってもそのデザインはさまざま。シンプルな「白地に黒文字」のモノクロ名刺だったとしても、縦型なのか横型なのかということでも受け取る側のイメージは大きく変わってくるでしょう。
相手に悪い印象を与えるような名刺のデザイン、またどういったデザインが好まれるのでしょうか?少しデザインについて考えてみましょう。

まずはフォントです。一般的に考えて、誰もが見て読めるフォントを選ぶことが重要です。
後から見て名前を思い出せない。読めない。なんてデザインの名刺では意味がありません。
自己満足のかたまりのような名刺にならないように注意しましょう。
簡単なアドバイスとして、「何種類もフォントを使う」という考えはやめておきましょう。
これは、名刺だけに限られた話ではないですが、必要以上に字体が異なっているとまとまりがなくゴチャゴチャした印象を与え、名刺をもらった人に悪印象を与えてしまいます。プラス、一体何を相手に一番伝えたいのか受け取った人が分からなくなってしまいます。使うなら1つか、多くても2つまでにしておきましょう。

次に、名刺デザインで会社のイメージを相手に伝えるということを考えていきます。
これは、名刺を渡す時に相手にどういったイメージを伝えたいかということです。
明るく元気な会社なのか、落ち着いている雰囲気の会社なのか、伝えたいイメージによって、使用するフォントは変わるでしょう。
しかしこれは、会社のロゴとの関連性も大切です。ロゴのイメージからかけ離れたフォントを使うと、会社のイメージは上手く伝わりません。
むやみやたらとオシャレに見えるフォントばかり羅列するだけでなく、名刺の中、全てのものに関連性を持たすことを忘れないようにしましょう。

名刺デザイン

フォントを選んだら次は、字間・単語間・行間といった「間隔」が重要になってきます。
この「間隔」と同時に大事になってくるのが「余白」。デザインをしていく上で、気になってくるのが「余白」だと思います。
この「余白」は「適度にあるべきもの」です。無くしてしまうと受け取り側は「どこを見ればいいの?」と困ります。
小さな名刺の中で、いかに余白を上手く作り出すか?また、文字の配置でキレイな余白を作り出すことが、デザイナーの腕の見せどころですね。
最後に色です。
色は、会社のロゴの色を基準にして考えましょう。色の持っているイメージは以下のようなものです。
参考にして下さい。